夢を叶えるぞう

ガネーシャが課題を与える(合計29個)

それはどれも簡単にできることです

1日1個やる

1 靴を磨け

 人の言うことを聞く

2 募金しろ

 今人をすぐ喜ばせる方法

 人を喜ばせる経験をする

3 腹八分目

 自己コントロールの練習

4 人がほしがるものを先取りする

5 会ったひとを笑わせる

 いい空気をつくる

6 トレイ掃除

 嫌なことも率先してやると喜ばれる

7 まっすぐに帰宅する

8 その日頑張れた自分を褒める

 楽しんで課題に取り組む

9 1日何かをやめる 

 新しいことするために古い何かを捨てる

10 決めたことを続ける環境を作る

11 毎朝、全身鏡を見て身なりを整える

外見を整えると内面も整う

12 自分が一番得意なことを人に聞く

13 自分が一番苦手なことを人に聞く

14 夢を楽しく想像する

15 運がいいと口に出して言う

16 ただでもらう

17 明日の準備する

18 身近にいる一番大切な人を大切にする

19 人のいいところを見つけて褒める

20 人の長所を盗む

21 求人情報を見る

22 お参りに行く

 可能性があるな何でもやる

23 人気に入りる

24 プレゼントして驚かす

25 やらずに後悔していることを今日から始める

26 サービスとして夢を語る

 大きなことを言う

27 人の成功のサポートをする

28 応募する

自己PR、面接

29 毎日感謝する

「ありがとう」という

もしも高校野球の女子マネージャーがドラッカーを読んだら

前提

マネジメントとは人の強みを活かすこと

人は宝は半部嘘、人は弱い問題を起こす

だからこそ、マネジメントが必要

平社員でも人を活かすことも必要

 

NGワード

1 いいから、やれ

 マネジメントの基礎:どれだけその仕事が重要なのか思わせる

 言語化し教えるのは難しいが大切

 誰が顧客なのか、顧客が何をほしいのか

 仕事にはやりがいが大切

2 なんとなくうまくいかない

主観的、悲観的ではだめ

フィードバックは必要

いいフィードバック:仕事の本質的価値に沿っていて、長期的な視点を持ちながら行われるもの

まさよし:練習メニューのアイデアをたくさんだした

     その中には微妙なものあった

みなみ:まさよしのすべてのことにポジティブな手伝いをする

    長期的にみれば成長につながるから

間違いや失敗したことがないは信用できない

あくまでも成果を重視するべき

 

FACTFULNESS(YouTube大学)

 

ビルゲイツが絶賛した本

ファクトフルネス:事実に基づいて考えること

ちゃんと進んでいるので安心して欲しい

世間のことをデータで見せてくれる

多くの人間が現在の世界の現状について誤った認識をしている

→経済・環境・医療のことについて書いてある

著者:ハンス・ロスリング(医者、教育者)

国境なき医師団立ち上げ

 

国内ですらディスコミュニケーションが起きている

同じ業界でも会社が違うと何もわからない

だからこそ、正しくしる必要がある

 

10個の大きな間違い

1 裕福な世界と貧しい世界に分断されている

 この考え方は古い、今4段階になっている

 高 レベル4:10億人 

   レベル3:20億人

   レベル2:30億人

 低 レベル1:10億人

ドルストリート:移動手段(4:車、3:バイク、2:自転車、1:素足)

 国の裕福さは変わる

2 世界は悪くなっている

 ネガティブ本能のせいで悪い意見は浸透している

 「極度の貧困」は半減した

 レベル1の国

 1800年:80%

 1900年:50%

 2017年:9%

 ほとんど極度の貧困国はない

 核兵器は減っている、HIVは減っている

 死刑制度は減っている、奴隷制はほとんどない

 現代社会は進化しているなので私たちの知識も更新するべき

3 世界人口は増え続ける

100億、120億で安定

出生率は経済的に安定すると下がる

こどもが多かった理由

・たくさん産むけど死んでいた、

・働き手がいない

・避妊具が不足していた

人にはグラフを直線にみる癖がある

グラフはいろいろな形がある

4 災害・戦争・テロの恐怖はすぐそこ

レベル4では減っている、一部だけが増えている

テロはある、犠牲者が減っているは両立する

現状だけをたたくのはいけない、変化を肯定するべき

5 女性は男性と比べて教育をほとんど受けてられない

世界の30歳女性は男性と1年しか変わらない

数字を見がち、全体との比較をしないといけない

例:赤ん坊420万人死んでます

  1950年1440万人から減っている

6 生活レベルの違いは宗教や文化の違い

所得レベルの違い

例 避妊具はいけないとローマ法皇は言うけど、

  裏では避妊具を配っている

  貧困で銀行に口座が開けない、現金だと

  盗まれるので物にすぐかえる

貧困性のせいで、国民性ではない

歴史を知らないだけ、かつての日本も酷かった

7 これからも経済の中心は欧米

アジアとアフリカが並んでいる

Googleのトップはインド人

人口変遷によってアジア、アフリカの比率が増える

アジア・アフリカをマーケットだと思っていない

文化は進化する

8 社会的進歩には民主主義が必要

非民主主義国が伸びた

成熟した国でしたか民主主義は流行らない

開発独裁で伸びる

デモが起こるのは民主主義の発展途上

データを個別に見るべき

9 二酸化炭素排出量は中国やインドのせい

二酸化炭素問題を起こしたのはどの国

インドは人口が多いから

冷静に分析するべき

10 社会問題には早急で大胆な対策が必要

ゆるやかにちゃんとリサーチするべき

 

あとがき

娘さん

「父が詰まっている、人生を楽しんでいた

 みんなを心配していたけど悲観していない」

最後に著者が陰で一生懸命頑張っていた人たちに感謝している

 

SNSが伸びない原因(付録が大切)

SNSマーケティング

SNSが伸びないのはマーケットが原因

マーケティング

調査する

このふたつが明確にする

・その分野のトップ

その人のフォロワーフォロー=市場価値

・めざすべき人(自分より少し先にいる人)

行動する

フォローさんにGive
トップに適切にGive

 やり方を言い変えてツイート

めざすべき人のやり方を真似る

感情をいれなくてもいい

付加価値の作り方

伸び率があがる

なるべくマーケットから学んで考えないようにする

固定ツイートを見る

 

伸ばしたい分野:ブログ

小さな強み:イラストが描ける

付加価値:実績or情報公開 見やすいor情報量

 

付録

=== SNSの分析シート ===

✓あなたが伸ばしたい分野 ◯◯

SNSで見ておくべき部分

・その分野のトップ:◯◯, ◯◯, ◯◯  ←3〜5名

・自分が追いかける人:◯◯, ◯◯, ◯◯ ←3〜5名

Twitterの基本的な攻略法

・普段の発信で、フォロワーにGiveする

トップ層に適切にGiveして、拡散を狙う

・自分の1歩先の人のマーケティングを真似る

✓付加価値(自分の強み)の作り方

・自分が伸ばしたい分野:◯◯

・自分の小さな強み:◯◯, ◯◯, ◯◯, ◯◯ ←中途半端なスキルでもOK

・付加価値:◯◯, ◯◯, ◯◯, ◯◯ ←競合分析して、書き出してみる

✓あなたがやるべきこと

・普段の発信で、フォロワーにGiveする

・トップ層に適切にGiveして、拡散を狙う

・自分の1歩先の人のマーケティングを真似る

・付加価値の◯◯を活かして、発信してみる

 

がんばらない働き方

「がんばらない」で成功できる

 でもめちゃく怒られる

グーグルの人事の方が説明してくれいます

「がんばります」は日本人の特徴

がんばって成功、がんばらないで失敗の二択で考えがち

グーグルの働く環境は優れている

「がんばる」と言わない

 それは思考停止だ

 忍耐と努力で資産10倍にはならない

 なので、根本的な見直しが必要

 ToDoリストを捨てるべき

やらないことリストを作る

 成功できる人の間では常識

 がんばるの反対は頭を整理すること

 

やらないことリスト

1 仕事

ひとりでやらない

仲間やプロに頼る

頼むポイントは自分じゃなくてもできることかどうか

ずっとやらない

大切なのはインパクト(刺激)✕学び

一つのことばかりすると飽きるので次を見つけるべき

日本ではずっとやることが美徳されている

会議に出ない

議題がない、会いたいだけの会議は出ない

代わりの人を送り込む

7人以上の会議に出ない

グーグルでは発言しないやつは会議に呼ばれない

イノベーションは怒られてもいい

2 人間関係

返信しない

返信しないは9割、返信するメールは1割

会わない

人間には5つの層がある

変革層(時代を変える人)は急いであうべき

実践層(実際に行動する人)はあうべき:影響がない

変えたい層(変えたいけどわかんない):行動がない

きづいた層(きづいたけど諦めた):希望がない

ゆでガエル層(なにもわからない):危機感がない

 

説得しない

人やコミュニティを選べ

 

3 生活

本を読みきらない

必要なものだけをわかればいい

スマホをかばんに入れない

すぐに調べる

通知オフ

大きすぎる夢を持たない

行動がニーズになる

ミッションが雪だるま式に大きくなる

ブログの書き方

文章の書き方

1 いきなり書かない

  ひたすら設計を書く

2 まずは設計する(結論ファースト)

  読者が抱える問題

  例:ブログの稼ぎ方がわからない

    ブラック企業やめたい

  記事を読む価値

  例:ブログの稼ぎ方を教える(5パターン)

    会社をやめるかやめないか

  記事の信頼性

  例:ブログでごはんをたべれている

    ブラック企業から逃げて幸せ

3 箇条書きでもいい

  いきなりきれいな文章を書こうと思うと書けない

  後から肉付けして文章にすればいい

4 文章は最低限

  長文だと読み疲れるので、結論から話す

5 読者の心境を想像

  読者のことを脳内で会話してみる

 

 

男女で違う理想のデート条件

恋愛には男女の違いがでます。

膨大なデータからあるあるをリストにして

アメリカの大学生3900人に調査した。

高得点の取ったものを紹介します。

男性が好む最初のデート

1 男性を質問したら、女性も質問

2 エロトークを好む(そういう話も聞ける)

3 女性から割り勘しようと言ってみるだけでいい

4 次のデートを女性から言う

 

女性が好む最初のデート

1 沈黙がない

2 自分のことを尋ねる

3 次のデートがさり気ない

4 まずは持ち物を褒める、その後から内面を褒める、最後に外見を褒める

5 類似点が多い

6 支払いをすべて持つ(ポイント)

7 次の店に移動がスムーズ(ポイント)